人気ブログランキング | 話題のタグを見る
るぴの病理検査では「大腸癌」という結果が出ました。
発情が原因でなかったことに救いを感じています。

るぴが亡くなってから、家族会議の結果
また、桜文鳥と暮らしたいという希望があり、
慌てて雛探しをして、雛ちゃんをお迎えしました。
もう、随分、大きくなってくれたので無事に育ってくれると思います。
るっぴーが繋いでくれたご縁を大切にしたいと思います。
ふうらい日記
るっぴーの病理検査結果 と みんさん、こんにちはの日曜日_c0365734_1520711.jpg


今後ともよろしくお願い致します。

# by ruppycoppy | 2015-04-19 15:21 | 普通の日
るっぴーがいなくなってすごい時間が経ったような気がしています。
お友達に頂いたお花でこっぴーの時のように段ボールでベッドを作りました。
るっぴーのお葬式をした火曜日_b0158061_22573875.jpg
なかなかかわいらしくできました。
お世話になったはもこっぴーの時と同じ「東京ペットメモリアル」さんにお願いしました。
前回も担当して下さった方に火葬をして頂き
るっぴーをとてもきれいなお骨にしてくれました。
こっぴーと同じ桐の骨壺に入れさせていただき
頂いたお花をお供えさせてもらっています。
るっぴーのお葬式をした火曜日_b0158061_23513100.jpg


こっぴーの時と同様、頭骨に上クチバシがついたまま骨壺に収めることができました。
しかもるっぴーの場合、下クチバシもついていて、「とても立派なお骨です」とお褒め頂きました。
火葬のお時間はたった30分。
小さい体だったんだなぁと改めて実感。
担当さんはるっぴーの亡骸を見て「あぁ、とてもお綺麗ですね」とおっしゃて下さいました。
本当にふわふわのお羽で、触り心地が変わらず
あぁ、残念の一言でした。

るっぴーが亡くなった後、小鳥の病院にお電話させて頂いたら
医師の先生自らお電話に出てくださいました。
経過をお話しし、血便はなかったが、フンをするたびにけいれんが出てしまった旨をお伝えしました。
入院させて強制給餌をして頂いた方が良かったと思った時もあったのですが
やっぱり先生のおっしゃるとおりにして、最善の形でお見送りができたと思います。
癲癇と肉芽、2つの病気が重なってしまったことが不幸なことでした。
るっぴーが飛べなくなって約半年、飛べないってことはなんかのサインだったのですね。
猶予を半年ももらえていたことに感謝、
るっぴーとこっぴーがくれた幸せな日々に感謝しています。

次回の更新は病理検査の結果が出たときかしら。
しばらく、ブログを更新しない日々を過ごしてないので読書して過ごしましょう。
今日もみんな無事に過ごせました。
# by ruppycoppy | 2015-03-31 23:17
たった、2,3日カメラを触っていなかっただけで
写真の撮り方がおぼつきませんでした(笑)

お友達からお花を頂き、
もう一人のお友達から文鳥さんと小鳥さんのマスキングテープを頂きました。
写真の撮り方、すぐに忘れますね の月曜日_b0158061_21204597.jpg
お気遣い本当にありがとうございます。
季節はもう春なんですね、
朝からみるみるお花が開いてきて、
あぁ、春だなぁ、また、日光浴したかったなぁなんて思いました。
家族全員、目を腫らし、土偶のような顔つきです。
土偶一族って言葉にくすっと笑っています。

るっぴー、こっぴーの不在は本当にえぐられるような悲しみですが
残されたヒトはまだまだ生きていかないとね。
沢山るぴこぴのことを ここ爺るる爺のことを モモちゃんのことを思い出して
過ごしていきたいと思います。
今日もみんな無事に過ごせたことに感謝しています。
# by ruppycoppy | 2015-03-30 21:23 | プレゼント

悲しいお知らせの日曜日

とても残念ですが、るっぴーが天国へ旅立ってしまいました。
術後、血便がなく、経過は良好だったと思うのですが、
ご飯を食べるのが少量で(でも、昨日、今日と自力で1回ずつ食べてくれました)
水溶きペレットを食べてもらおうと頑張ったけど、
あんまりお気に召して頂けませんでした。
夕方、家族全員がそろうのを待って
大好きな家族の手の中でるぴちゃんは旅立ちました。
原因としてはてんかんの発作がフンをするたびに起こってしまったことでしょうか。
フンをするのが大変そうで
食事も大変そうだから入院させればよかったと思ったりもしましたが
やっぱり、家族で過ごせた昨日今日の時間はかけがえのないものでした。
るっぴーちゃん、本当にありがとうね。

今日はこの辺で終わりにしときます。
また、病理検査の結果など更新したいと思います。
世界中のみんなが幸せに過ごせますように。
# by ruppycoppy | 2015-03-29 22:12 | 病院・健康

大変だった土曜日

今日は朝から大変でした。
昨晩、22時過ぎにるぴちゃんは鮮血の血便をしてましたが
様子は変わらず、ご飯も食べていたので
明日、調子が良くなるといいなって思って寝ました。

朝、起きるとるぴちゃんはやや元気なし?くちばしの色、やや白い?
体重は22.5g ありゃりゃ。
で、るぴちゃんがおちりを気にしていて…
さってぃん、心の中で大絶叫でした。
フンがこびりついてる?
っと、るぴちゃんを握りながら家族を起こしに行きました。
握って、おちりを温水でちょい浸すもフンじゃない…
卵管脱じゃないかって気づきました。

9時に病院にお電話して、10時半に予約を入れて頂きました。
病院に行くも、駐車場がいっぱいだったので
家族に先に行ってもらい、運よく開いてた駐車場に車を入れて行きました。
るぴちゃんは既に、処置室にお預けした状態でしたが、
私達は待合室で待機していました。
「今から処置しますが、万が一があるかもしれません」とのこと。
もう、どうしようもないし、すがる思いでお願いしました。
裏から色々な声が聞こえてきて、
あぁ、なんらかの処置をして頂いていると思っていたら
ものの5分ほどで、「処置が終わりましたので、後ほど診察を」とのことでした。

診察室でのるぴちゃんはぽけぇ~っとしてましたが
そこまで調子が悪そうではありませんでした。
先生のお話しによると、何か二つのものが切除されました。
卵管が腫れていた部分と、もう一つ。
腫れた部分が運よく卵管の肉腫を外に押し出せて
電気メスで切除して頂いたそうです。
そのため、出血部分がなくなったので血便は出ないはず。
また、るぴちゃんの癲癇の症状から考えると
お家でご飯を食べてくれるようになれば問題ないでしょうとのこと。
お家に帰ってきたるぴちゃん、もう「誰も信じられない」様子で
ただただ、隅っこの枝でじぃぃぃっと動きません。
ご飯も食べません。
なので水で溶いたペレットをスプーンで口の前に差し出して
無理やり食べさせています。
体重が21gを切ったら連れてくるようにとのことでしたが
もうすでに21gはありません。
体重を測るだけでも翼を震わせて癲癇の症状が出たり、
フンをするのがつらいようで、フンをした後も翼を震わせてしまいます。
でも、枝につかまっているし(餅にはなりません)
クチバシの色も悪くない。
後はるぴちゃんの回復力に任せて
水溶きペレットを頑張って食べさせたいと思います。

拾った命をなんとか生かしたいです。
今、るっぴーが鳴いてくれました。

今日も家族の無事がありがたい一日でした。
# by ruppycoppy | 2015-03-28 22:03 | 病院・健康